FC2ブログ

フレイヤと 

3ボタン式難しいなぁ…慣れるまで周りに迷惑かけそうで怖い


色々聞きたい事はあるが…①
アルベルト「聞きたい事は色々あるが…」
「まずは、以前話したような子、また見なかったか?この辺にいると思うんだけど…」
フレイヤ「この前のと言うと…己と同じ赤髪の子か」

まだ見つからないのか?②
フレイヤ「まだ見つからないのか?」
「己が言った場所に居なかったのか?」
アルベルト「いや、あの時は確かに見つけたんだ」「その節は助かった」
「…が、今ちょっとあって」

どっかに行っちゃって…③
アルベルト「どっかに行っちゃって…」
「侍みたいな変な奴に追いかけられてな、様子が変だったから気になるんだ」
「…と、言いたいところだが…そこに倒れてるおっさんは一体…」

何があった?④
アルベルト「何があった?」
「というか生きてるのかそのおっさん」
フレイヤ「あぁ、手加減したからな」
「あと侍と言ったな、己も」

ちょっと前に侍みたいな奴を見つけてな…⑤
フレイヤ「侍みたいな変な奴を見つけてな」

・・

何処にいきやがった!⑥
???「何処に行きやがったでそうろう?!」
「あの女子…タダじゃ済まさないでちろう!」
「くっく…まずは―」

どわ?!⑦
???「どわっ?!」
「な、何でそうろう?!」
フレイヤ「ちっ…」

…避けたか⑧
フレイヤ「避けたか」
「刺さって死ねばいいものを」
???「お主はこの前の…」

何故狙う?⑨
???「何故狙う?」
「某は確かにあのおっさんを殺そうとはしたが、お主には何もしていないでちろう?!」
フレイヤ「そんな事を考える必要はない、知る必要もない」

死ねばい⑩
フレイヤ「お前のような奴は死ねばいい」
「ただそれだけだ」
???「話にならん…くっく…しかし、見えてきたな、お主の無気配の正体、拙者のアレと同種だろう」

目の前に出てきたのは失敗でそうろう⑪
???「目の前に出てきたのは失敗でそうろう」
「それは暗躍用でそうろう、姿を見せない事が重要なのでそうろう」
「こんな風にっな!」

くっ…!⑫
フレイヤ「くっ!」
「目くらましか!違う方法を…くそっ!」
???「くははは!さらばだ…」
フレイヤ「…」

またも逃がすとは…!⑬
フレイヤ「またも逃すとは!」
「我ながら情けない…が、さてそろそろ去―」
フレイヤちゃん?!⑭
イルカのおじさん「もしかしてフレイヤちゃん?!」
「ばっはっは!やはりそうじゃ!」
フレイヤ「何だと…このおっさんどっから…」
イルカのおじさん「ん~?少し悲しげな感じかのう」

フレフレフフレイヤ!⑮
イルカのおじさん「フレフレフレイヤ~!」
「フレ~!フレ~イヤ!」
フレイヤ「…」
イルカのおじさん「あぁっ!何処に行くんじゃ!」

命は大事にしろ⑯
フレイヤ「命は大事にしろ」
「せっかく助けてやったんだ、無闇に危険な場所に出現するものじゃない」
イルカのおじさん「ん~?もしかしてフレイヤちゃんワシの心配しとる?」

ワシは強いんじゃよ~⑰
イルカのおじさん「心配いらん、ワシは強いんじゃよ~」
「この前は不意打ちで遅れをとったが、ワシ結構な実力者!」
「どうじゃ!この動き!ほっほ!ほっ~!!

…(ふれ)⑱
フレイヤ「…」
イルカのおじさん「どうじゃ?!あまりの動きにフレイヤちゃんも手が出せまい?ばっはっは―」
どう―⑲
イルカのおじさん「は?」
「おおぅっ?!」
フレイヤ「…これで満足か?」

あぁぁ…⑳
イルカのおじさん「ぐわあああぁー!!」
「い、痛いんじゃあ…」

・・

…というわけだ(21)
フレイヤ「…というわけだ」
「別に無差別な暴力を行ったわけではない」
アルベルト「うん、そう…」

(後半の情報聞かなくてもよかったな…)(22
アルベルト(後半の話は聞くんじゃなかった…)
スポンサーサイト

Comment

Name - 綿´・ω・`綿  

Title - 

イルカおじさんやっぱ最高だわ大好きだw
2017.02.15 Wed 17:03
Edit | Reply |  

Name - 逆撫  

Title - 

綿さん>
イルカのおじさんうざいけど、それがまたいいのですねw
2017.02.16 Thu 02:27
Edit | Reply |  

Add your comment