バレンタイン企画2017 

とーかさんに言われて気づき、急いでバレンタイン企画やりましたw


バレンタインですよ!①
主撫「バレンタインですよ!」
「この企画を忘れるとは、本体も底が知れるというものですよ全く…」
「しかし、我が南国のシェルマスクメンバーの女子はバレンタインしてたんでしょうか?」

数名に聞いてみましょう!②
主撫「数名に聞いてみましょう!」

・・

え?バレンタイン?③
メテオ2世「え?バレンタイン?」
「何それ、おいしい企画か?!」
主撫「え、えぇ…間違っていませんが、誰かにチョコあげました?」
メテオ2世「愚問だな」

人にあげるくらいなら食う④
メテオ2世「人にあげるくらいなら自分で食う!!」
「ふっふっふ…渡すものか」
主撫「そ、そうですか…では…」

・・

エ、ナニソレワカンナーイ⑤
ムーア「エ、ナニソレワカンナーイ」
「何バレンタインテ」
主撫「…妙なカタコトですね、まぁいいでしょう、どなたかにチョコあげました?」

だ、誰にもあげてマセンヨ?⑥
ムーア「だ、誰にもあげてマセンヨ?」
「そ、そんな追及するような事言うのは失礼じゃないかな?!それよりも7スロのブーツを!」
主撫「ハイモウケッコウデス!!」

・・

悪い夢だったんダ…⑦
ぴさろ『悪い夢だったんダ…』
『バレンタインだって言うかラ、仕方ねーから紫音にあげようとしたんダ…そしたら…』
デカいボクがいたんだ…⑧
ぴさろ『何かボクが成長しました的な奴がいたんダ…』
『とても巨乳で…紫音も鼻の下伸ばしてやがッテ…』
主撫「は、はぁ…いやぁ何の事だかさっぱりですねぇ」
ぴさろ『あんなのっ!絶対おかしいヨ!』

ボクは既にパーフェクトなのニ⑨
ぴさろ『ボクは既にパーフェクトなのニ!』
『あんな…あんなパーフェティックボディが許されルかよ…』
主撫「…お疲れのようですのでまたの機会に…では」

・・

それどころじゃないようで…⑩
メテオ3世「それどころじゃないようで…」
「いえ、私も渡そうと思ったんです、でも部屋に入ろうとしたら」
ヴィクトリア様が怒られてました⑪
メテオ3世「ヴィクトリア様が怒られてました」
「流石に入っていける空気じゃありませんでしたね」
主撫「そう…ですか…」

まともな女子いねーな…⑬
主撫「まともに渡した奴はいねーのか」
「全く、うちの女子力が問われますよ!…って、あれは琴音さんじゃありませんか、おーい!」
…何?⑬
琴音「…何?」
「また下らない事?暇じゃないんだから…」
主撫「違いますよ、大事な事です」

バレンタインですよ⑭
主撫「バレンタインですよ」
「うちのメンバーでまともにチョコ渡してる人いなくてですねぇ…貴女はどうなのかと」
琴音「チョコ?」

カルロスとナイト君にあげたよ?⑮
琴音「カルロスとナイト君にあげたよ?」
「カルロスは一応お…おぉ…おと…ハゲだし!ナイト君は誰かさんのせいで頑張ってるしね」「因みに、手作りだよ、すごいでしょ」
主撫「おぉ…おお!」

素晴らしい!!⑯
主撫「素晴らしい!!」
「貴女は思っていた以上に女子!!私は感動しましたよ!」
「フフフ…貰った二人はさぞ歓喜しているでしょうねぇ、羨ましい」

・・

ハ、ハラが…⑰
カルロス「フゥッ…ハ、ハラが…」
「琴音のチョコ食べたらハラがー!!もしかして手作りー?!」

・・

これは…テロか?!⑱
デスナイトカリバー「これは…新手のいじめか…?」
「オロロロロロロロ…!!!」
スポンサーサイト

Comment

Name - とーか  

Title - 

急いで考えたのにこの出来とはw

琴音料理は一体何をいれたらそうなるのか・・・!!

あとヴィクトリアは安定ですねw
2017.02.14 Tue 23:31
Edit | Reply |  

Name - 綿・ω・綿  

Title - 

ぴさろん戻ったのか!?
即席の記事でちゃんと落ちまでつけて仕上げるとは流石(σ´∀`)σ
2017.02.15 Wed 16:59
Edit | Reply |  

Name - 逆撫  

Title - 

とーかさん>
本当はもっと細かく作りたかったんですw日付中に更新しようとしたらこのように><
琴音は無自覚ですからね…見た目はいいらしいです
ヴィクトリアは頭のおかしい子なので仕方ないですね!

綿さん>
大人ぴさろは本体権限で居残りになりました()その記事も書こうかと思ってますw
頑張りました、でも他にも更新してたので時間がなく、もっと細かく作りたかったんです…w
2017.02.16 Thu 02:38
Edit | Reply |  

Add your comment