やはりおかしい子 

今回多くて焦ったwあと枯渇していくエステパス…次からはACになるのかなぁ…


ではな①
フレイヤ「ではな」
「己は忙しい、またどこかで会ったらよろしくな」
アルベルト「え、行くのか?」

あのおっさんはいいのか?②
アルベルト「あのおっさんはいいのか?」
「放っておいたら死ぬとかないよな」
フレイヤ「そいつか…」

知らん③
フレイヤ「知らん」
「己がこれ以上助けてやる義理もない」
メテオ3世「そ、それはあまりにも冷たいんじゃ…」
フレイヤ「それに、あのおっさん」

決して弱くはない④
フレイヤ「決して弱くない」
「結果こそアレだが、実際あのおっさんはいい動きをしていた」「目が覚めれば大事には至らないだろう、それよりも自分達の事に集中した方がいいんじゃないか?」

・・

どこにいるのやら…⑤
アルベルト「どこにいるのやら」
「確かにおっさんに構ってる暇はねぇ」「でも問題はヴィクトリアがどこにいるか、そのヒントすらない事だな」
メテオ3世「あの、アル様…ヴィクトリア様の声がするような…」

あのあたりから…⑥
メテオ3世「あの辺りから…」
アルベルト「ん…確かに、何かあいつの声っぽいのが聞こえるぞ!」
「おいヴィクトリア、無事か―」

シッショー⑦
ヴィクトリア「シッショー」
「シッショーはまだかなー」
アルベルト「…ちょっとヴィクトリアさん?」

何…やってんの?⑧
アルベルト「何…やってんの?」
ヴィクトリア「あ、師匠!遅いじゃないですか!師匠が来ない間に俺は…」
乱暴されて…⑨
ヴィクトリア「乱暴されて…」
「うぅ…これを癒せるのは師匠しか…チラッ」
下らない嘘をつくな⑩
アルベルト「下らない嘘をつくな」
「本当に心配したんだぞ、冗談も大概にしろ!」
ヴィクトリア「す、すいやせん…」
メテオ3世「…アル様」

そろそろ向こうへ行って下さい⑪
メテオ3世「そろそろ向こうへ行って下さい」
アルベルト「ん、まだ説教は終わってないんだが」
メテオ3世「女の子がこの格好なんですよ?着替えるので向こうへ行ってて下さい!」
ヴィクトリア「いや待て」

俺は一向に構わん⑫
ヴィクトリア「俺は一向に構わん」
メテオ3世「構って下さい?!」

・・
・・・

…ってなワケだ⑬
アルベルト「ってなワケだ」
奇行はいつも通りだが、やはり明らかに格下な奴に対して敵前逃亡ってのはやはりおかしい」
琴音「ふんふん」

やっぱおかしいよね⑭
琴音「やっぱおかしいよね」
「帰還した時も少しおかしかった」
(アルベルトもだけど、言わないでおこう)
アルベルト「後は…俺が離れた後にな」

喧嘩してたみたいで…⑮
アルベルト「喧嘩してたみたいで…」
「帰りにあいつら一言も話さなかったんだ、どうなってんだ」

・・

…理解できません⑯
メテオ3世「…理解できません」
「ヴィクトリア様の言っている事は一体…」

・・
・・・

ダメですよ?⑰
メテオ3世「ダメですよ?」
「あんな恰好で男性の前に出ちゃ」「特にアル様は鈍感ですから、気にせず見てしまうかもしれませんから」
ヴィクトリア「ふっふっふ…」

怖いのか?⑱
ヴィクトリア「怖いのか?」
「副船長殿よりも、この俺の方がいい身体してるからなぁ」
メテオ3世「な、何がでしょうか?」
ヴィクトリア「知っているぞ、師匠と副船長殿は元の世界で」

仲が良かったよ⑲
ヴィクトリア「とても仲が良かったと」
「だがそれも曖昧なもので、いざ敵が現れると怖くなるというわけか」
…何が言いたいんですか?⑳
メテオ3世「…何が言いたいんですか?」
「言いたい事があるならハッキリと仰って下さい!」
ヴィクトリア「ふむ…では、元の世界では他を寄せ付けない程の仲だったかもしれないが」

この世界において関係はない(21)
ヴィクトリア「この世界において関係はない」
「という事だ」
「誰が師匠を手に入れようと構わない」

ヴィクトリア様は一体…(22)
メテオ3世「ヴィクトリア様は一体…」
「…何が目的なんですか?!」
ヴィクトリア「おっと、勘違いしないで頂きたい」「俺は何も副船長殿から師匠を奪おうというわけではない」

俺は身体だけでいい(23)
ヴィクトリア「俺は身体だけでいい」
「師匠の身体だけで、十分だ」「ヘッヘッヘ…」
メテオ3世「あ、あぁ…」

忙しいようで(3世)
メテオ3世「頭おかしいんじゃないですか?!」
「あっ…いや、その…言い過ぎました…すいません…」
ヴィクトリア「いや、最近はよく言われるから気にしないさ、それよりも」
「元の世界の関係があるからと言って油断はできない」

忘れない事だ(25)
ヴィクトリア「それを忘れない事だ」

・・
・・・

やっぱり分かりません…(26)
メテオ3世「やっぱり分かりません…」
「ヴィクトリア様は何故そのような事を私に…」

・・
・・・

酷い目にあったでそうろう(27)①
???「酷い目にあったでそうろう」
「見よ、腕がまだしびれるでそうろう」
サルマ「それで、のこのこ帰ってきたけだね」
「ははは、弱くていけないなぁ」

村正君(27)
サルマ「村正君♪」
スポンサーサイト

Comment

Name - とーか  

Title - 

なんかまた新しいやつきたw

メテオは今更焦り始めたけどどうなるのやら・・・
2017.02.16 Thu 23:51
Edit | Reply |  

Name - 綿´・ω・`綿  

Title - 

昨晩のマサルだ(; ・`д・´)
2017.02.17 Fri 11:04
Edit | Reply |  

Name - 逆撫  

Title - 

とーかさん>
以前から考えてた奴がやっと…w
でもとられるのはアルベルトの身体だけですから…

綿さん>
マサルだけどサルマと呼んであげて下さい
2017.02.19 Sun 04:33
Edit | Reply |  

Add your comment