FC2ブログ

特別枠⑨ 

明日からまた新しいスクラッチか、財布がもたないな…


好きにしろ①
アラン「好きにしろ」
「俺は関わらないぞ、前みたいにとばっちり食らいたくはないからな」
アレはアランが悪いの②
琴音「アレはアランが悪いの」
「本当はゾっとして近づきたくもないんだけど、今は気にしないであげる」
アラン「ひ、ひどぃ…」

じゃあな③
アラン「じゃあな…」

・・

何で何処にもいないの!④
ムーア(別)「何で何処にもいないの!」
「結構探し回ってるのに影も形もないじゃない!」
嫌でも聞いておくべきだったかな…⑤
ムーア(別)「嫌でも聞いておくべきだったかな…」
「別に向こうは私の事気付いてなかったみたいだし」
あれ~⑥
紫乃「あれ~?」
「ムーアちゃん、今日はちゃんと起きてるんだね…こんな所でどうしたの?」
ムーア(別)「紫乃さん…?」
(でも向こうはいつもの私だと思ってると思うし、ここは思い切って…)

(聞いてみよう)⑦
ムーア(別)(聞いてみよう!)
「紫乃さん、実は…」
紫乃「ん、ん~??あれ…」

あれ~?もしかして…⑧
紫乃「あれ~もしかして…」

・・

何なの!⑨
ムーア「何なの!」
「何度も来て、迷惑なんだけど!」
アラン「不思議な事を言う、お前が先にいるんだろ」

行動が早いな⑩
アラン「しかし行動が早いな」
「根は真面目なんだろうなぁ」
ムーア「何の話…」

盗撮はすまなかった⑪
アラン「その…あの写真はすまなかった」
「監視体制の為とは言えプライベートに入り過ぎた事はすまんと思う」
ムーア「え?あぁ…うん…どうしたの?」
アラン「いや、お前が謝ったのに俺が何も反省しないと言うのはおかしいと思ってな」

さっきから何の話をしてるの?⑫
ムーア「さっきから何の話をしてるの?」
「私謝ってないし、謝るつもりもないんだけど…」
アラン「何…?」

他にも居ないかなって(22)思い出す
『他にも居ないかなって』
アラン「…他にも…そうか」
成る程そういう事か…
アラン「成る程、見えたぞ」
「デスタムーア、やっぱさっきのは取り消しだ、じゃあな」
ムーア「えぇ?!いや、盗撮は許されないからね!」

・・

こことは別のムーアちゃん!⑬
紫乃「こことは別のムーアちゃんだね」
「間違ってなければ兄さんが飛んで、残った世界で復興活動をしているムーアちゃんよね」
紫乃さんに隠し事はできないや⑭
ムーア(別)「…はぁ、紫乃さんに隠し事はできないや」
「流石は鬼上司…」
紫乃「確かそっちではそう思われてるんだったね…」

いや、私もその紫乃と違うんだけどね…ッ⑮
紫乃「その『紫乃』と私は別人なんだけど…」
「私は優しいから安心してね!」
ムーア(別)「よく…分からないけど、私の知ってる紫乃さんじゃないのね」

どうしてここへ?⑯
紫乃「それで、どうしてここへ?」
「以前似たような人が来てて、その人には目的があったからムーアちゃんもそうなんじゃないの?」
え、いや…その…⑰
ムーア(別)「えっ?…い、いやその…」
紫乃「???」
ムーア(別)(何か知られてると思うと恥ずかしくて聞きにくい…でも、このまま居ても進展はなさそうね)

き、聞きたい事があります!⑱
ムーア(別)「き、聞きたい事があります!」
「今紫音は何処―」
アルベルト「居たなデスタムーア」
ムーア(別)「!!」
寝不足なのか?⑳
アルベルト「お前寝不足なんだろう」
「そんなんで人に悪態つくのは良くないぞ~」
ムーア(別)「いきなり出てきて随分軽口叩くのね…」

頭にきた!(21)
ムーア(別)「頭にきた!」
「紫音は許したかもしれないけど、私は違うから!」

・・

…分かった(22)
琴音「…分かった」
「残るはデスタムーアだけね、早めに対処しないと…」

スポンサーサイト

Comment

Add your comment