マサ…サルマ君 

おすすめクエで一個もキー出なかった時の絶望感はすごい


カルロスにセクハラ疑惑?!①
琴音「カルロスにセクハラ疑惑?!」
「そんな…最近大人しくしてると思ってたのに…それ本当なの?」
サルマ「嘘か本当かで言われると微妙ですが」

そのような報告があるようで…②
サルマ「そのような報告があるようで…」
「このままではチームとしての面子が危ういかと」
琴音「そう…」

(これでよし)③
サルマ(これで良し)
(琴音が変態に対して異常に敵対心を抱き、カルロスに対してはよりその傾向が強い
ここで疑念を抱けば更なる火種になるだろう)

本人に確認とってからかな④
琴音「とりあえず本人に聞いてみてからかな」
「対処も何もそこからにしよう」
サルマ「…え?」

(バカな…!)⑤
サルマ(バカな…)
(そんなハズは無い!私のリサーチ及びプロファイリングによれば変態と疑わしいだけで先に手が出るはず…何故?)
「恐れながら、やった人は『やった?』と聞いても『やってない』と言うだけですよ?」

カルロスを信じる⑥
琴音「そしたらカルロスを信じる」
「以前似たような事があったけど、信じなくて悪い事しちゃって…まぁそれはともかく、『仲間』だしね」
サルマ「…はぁ」

そう…ですよね!⑦
サルマ「そう…ですよね!」
「では私もその方向で動かせてもらいます!では…」

・・

仲間だから…だと?⑧
サルマ「仲間だから…だと?」
「それだけの事で許せるというのか…否!」
ふざけるなよ…!⑨
サルマ「ふざけるなよ…!」
「何が仲間だ、綺麗事に過ぎない!だから甘いと言うんだ!仲間との深い絆だとか真の繋がりだとか全て絵空事…」
そんな物はない…!⑩
サルマ「そんな物は無い!」
「あるわけがないんだ…」

・・
・・・

『かつて私でもちゃんとチームに居た』
『そこには…多くの人が居て、多くの出会いがった』
『そういう人達を』

『仲間だと思っていた』⑪
サルマ『仲間だと思っていた』
『共に一喜一憂していた』
『心を許せると思っていた』⑫
サルマ『心を許せると思っていた』
『とは言えそれは関わりの範囲内であり、一線を越えない良き間柄だと…それを分かってる人達だと』
『だからこそ、そんな人達が罠にハマり救援を求められた時即行動に出た』

助けなければと思った⑬
サルマ『助けなければと思った』
『そこには様々な罠ががあり、時に謎解き、時に戦闘…』
『冗談とは思えない程の苦難が待ち受けていた』

死ぬかと思った⑭
サルマ『本当に死ぬかと思った』
『しかし仲間を助ける為ならばと歯を食いしばった』
『敵が自分達のルームに蔓延っていると分かり、すぐさま向かった』

何とかルーム前までたどり着いた⑮
サルマ『何とかルームに辿り着いた』
『ここを潰せば皆が助かると…そう意気込んで飛び出した』
そこまでです!⑯
サルマ『そこまでです!』
『私は決死の覚悟だった』
『それ程までに仲間は尊いと思っていたから…』
『しかし、私に飛び込んできたのは想像と違っていた』

pso20170429_210533_064.jpg

マwwwwwwサwwwwwwwwwルwwwwwwww

…は?⑱
サルマ『…は?』
『マサル…それは確かに私の本名…嫌いなので絶対に呼ばれたくなくてサルマに改名した』
『それをどこからか入手して、それで私を侮辱してきたのだ』
『更にこの者達は私が必死で頑張っている様を』

笑っていたのだ⑲
サルマ『笑ってみていたのだ』
『何かが壊れた』
『名前もやめてくれと頼んでも聞かず、笑い者にするばかり』
『そこで気付いた、仲間とは私が思っていたような幸せな居場所などではないと…』

こんなものだったのかか⑳
サルマ『こんなものだったのかと』
『それから私はチームを潰す行動に出た』
『今まで仕入れた裏情報や心を搔き乱すような事ばかり言い、内乱が起こるように仕向けた』
『その結果、私を笑い者にして一致団結してた奴らも完全にいがみ合いを起こしていた』

サルマ!これは何の騒ぎでそうろう?!(21)
村正『サルマ!これは何の騒ぎでそうろう?!』
『戻ってみれば何たる事か!何がどうして…』
君も私をバカにしに来たのですか?(22)
サルマ『君も私をバカにしに来たのですか?』
『マサルマサルと…うるさいんですよ…!』
村正『マサル…?何の事でそうろう?最近の流行りか何かか…しかし』

某ハブられてたでそうろう…(23)
村正『某皆から気持ち悪いとハブられていたでそうろう…』
『それが良いのか悪いのか、そのマサルというのは全く意味も分からんでちろう』
サルマ『そう言えばそうでしたね…そうですか、君も外れ者でしたね…ならば』

手を組みませんか?(24)
サルマ『手を組みませんか?』
『君のような変質者は仲間など作れないし、私ももう仲間というのが大嫌いです、見ているのも』
『そんな君となら利害の一致で素晴らしいチーム潰しができると思うのです』

村正『サルマお主…い、いや…そう…でそうろうな』
…あい分かった(25)
村正『あい分かった…』
『これから好き勝手に暴れようでそうろう…』

・・
・・・

ここも同じに決まっている!(26)
サルマ「ここも同じに決まっている」
「今まで潰した綺麗綺麗してるチームと同じく、内乱を起こし凄惨な解散という末路を辿る…いや辿らせる」
ジリリリ…

おっと、こんな時間ですか(27)
サルマ「おっと、こんな時間ですか」
「さて忙しいですねぇ…しかしフレイヤなる者が何か知っているようで、それが関わっているとなると時間も少ない」
『潰し』に行きますか(28)
サルマ「サクっと『チーム潰しに』行きますか」


スポンサーサイト

Comment

Name - 綿`・ω・´綿  

Title - 

マサr…サルマも苦労してたのね(´;ω;`)
枯れたツリー?は結局見つからんかったのねw
2017.05.19 Fri 19:25
Edit | Reply |  

Name - 逆撫  

Title - 

綿さん>
かわいそうなサルマ…けど八つ当たりはダメよね(´・ω・`)
割と皆チームルームに訪問されたくないんだね、どこもいけなかったよw
2017.05.22 Mon 05:16
Edit | Reply |  

Add your comment