FC2ブログ

ご苦労様 

忙しい日は過ぎ去った!!
仕事でいい成績を出せて満足なのです



①フレイヤ?ヴィクトリア「フレイヤ?」
「その名はたまに師匠から聞くが、今それを俺に言ったのか?」
小夜「えっと、その…直感と言いますか…」

②何を言ってるんですか
サルマ「何を言っているんですか」
「ヴィクトリアさんがフレイヤさんだなどと、何故そんな事を思ったのです?」
小夜「それは」

③その綺麗な赤髪が似てるなと…(とっちゅう
小夜「その綺麗な赤髪が似ているなと…」
「あの後ろからちょこっと出てただけですが」
ヴィクトリア「そんだけの事か…赤髪など沢山いるだろう」

④何を言っ…
ヴィクトリア「何を言っ…」
「…」
サルマ「確かに同じ赤髪かもしれませんが、ヴィクトリアさんとフレイヤさんが同一人物というのは」

⑤考えにくいんです
サルマ「考えにくいんです」
「フレイヤさんは私とヴィクトリアさんが会うより前から私達を狙っていました」
「…恐らく、私のした行いの犠牲者と考える方が妥当でしょう」

⑥す、すいません…
小夜「す、すいません…」
「何か混乱を招くような事を言ってしまって…」
サルマ「そこまで責任を感じるような事ではないですが…ねぇヴィクトリアさん?」
ヴィクトリア「…」

⑦ハッ(途中
ヴィクトリア「…ハッ!」
「え?あれ…俺今…」
小夜「どうかされたのですか?何かボーっとしてましたが」

⑧大丈夫ですか?!
サルマ「大丈夫ですか?」
「やはり何か怪我されたとか?!」
ヴィクトリア「ち、違う!」

⑨とにかく人違いだ
ヴィクトリア「とにかく人違いだ」
「俺は帰るからな」

・・
・・・

⑩さーて、やるかぁ
アルベルト「さーて、やるかぁ」
「今回の紹介は俺だ!多少めんどくさいが、やるしかない」
⑪(頼まれたからな)
アルベルト(頼まれたからな)

・・
・・・

⑫お願いします!
ムーア「お願いします!」
「今回の紹介記事はアルベルトにやって欲しいんです!」
アルベルト「いや、お前がやればいいんじゃ…」

⑬アルベルトしかいないと思うの!
ムーア「いや!アルベルトしかいないと思うの!」
「何て言ったってEP5はヒーロー!となればアルベルトが適任かと…やっぱ、ダメです…?」

・・
・・・

⑭あそこまで言われちゃあな
アルベルト「あそこまで言われちゃあな」
「やるしかない」
「さて、今回アップデートしたのは色々あるが、まずは『バスタークエスト』だな」

⑯新エネミーだ(途中
アルベルト「大きいのは新エネミーだ」
「上から『レスタゴーレム』『オメガサラマンダ』『ウルフフォイエ』だ」
⑰レスタゴーレムだ
アルベルト「気を付けるのが『レスタゴーレム』だ!」
「地下坑道実装時にギルナッチが面倒だった時を思い返すと、XHで回復できるエネミーは厄介だ」
優先的に潰すのがいいだろう」
「後はオメガ繋がりでストーリーをやったが」

⑱あんなことや
アルベルト「こんな事や」
⑲こんな事があったな
アルベルト「あんな事があった」
「というかこの二人くらいしかほぼ印象にない感じだな」
「あとめぼしいアップデートと言えば」

(21)スクラッチだが
アルベルト「スクラッチだが」
「既に要所の品は手に入れたそうだ」
「何でも、杖様なるお方の指示で引いたら即出たらしい…それがロビーアクション『カサカサ』

(22)奇妙な動きだ
アルベルト「奇妙な動きだ…」
「噂ではこれで様々な四足歩行ネタができるとか何とか」
「後は回数ボーナス『吊るされる』

(23)吊るされる!
アルベルト「これの事だが」
「まぁ、何かいい気分はしないな」
「何か粗相を起こした奴にやるといいだろう」

(24)ヤミガラスメイン
アルベルト「今回はヤミガラスメインだ」
「ヤミガラスって言っても、esと呼ばれる世界でのヤミガラスだが」
「俺が男なので品を紹介できないのが残念だ」

(25)ざっとこんなもんか
アルベルト「ざっとこんなものか」
「まぁヤミガラスの恰好とかはデスタムーアとかが紹介すれば事足りたような気がしないでもないが、まぁいいだろー」
pso20170910_202619_000.jpg
アルベルト「?!」
「なっ!急に暗く?!」
(27)うっ!!?
アルベルト「うっ!!?」
「何が起き…て…」
バタッ…

(28)フフフ……
ムーア「フフフ…」
「紹介記事ご苦労様…」
「それはそうと、見事に引っかかってくれたね、さすがチョロベルトさん!さぁ!」

(29)消えた私達の恨み!!
ムーア「消えた私達の恨み!」
「受けるといい!!」



スポンサーサイト

Comment

Add your comment