FC2ブログ

たまには本気を出すのだよ 

ソシャゲの闇に触れてしまった…でも踏みとどまれた!


①バナナ因子だと?!243
主撫「バナナ因子だと?!」
「奴は死んだはずでは…」
シェル「今はシェルマスクだ!…いや、それよりもそうだな、俺はあの時死ぬはずだった」

②私は救われたのだ243
シェル「…が、私はこの男に救われたのだ」
「私が敗北をしたあの時…」

・・
・・・

③殺せ243
バナナ因子「殺せ」
「もう生きているのも疲れてしまった…」
紫音「…バナナ因子よ」

④…ていあんがある243
紫音「提案がある」
バナナ因子「フン…もし仲間になれとかならばお断り…だ!私がした事を考えれば当然であろう」
紫音「いや、厳密にはそうじゃないんだが」

④俺に寄生してみないか?243
紫音「俺に寄生してみないか?」
バナナ因子「…何?」

・・
・・・

⑥この男は甘すぎる…243
シェル「この男は甘過ぎる…」
「生きる死ぬは自分のシェルマスクに寄生して、自分達の世界を見てからでも遅くはないと…」
「まぁそんな感じでこの男に寄生し、気を失ったら私が出てこれるというわけだ」

⑦それには驚いたけど…243
琴音「それには驚いたけど…」
「今はそれより主撫をどうにかしないと!何か変だよ」
⑧敵意があるなら倒すだけだ243
アルベルト「敵意があるなら倒すだけだ」
「紫音を刺しやがって…!」
ヴィクトリア「ま、待て…」

⑨奴はもう…243
ヴィクトリア「奴はもう…」
「もう主撫じゃない…」
アルベルト「あ?何を言って―」

⑩さすがはイレギュラー243
主撫「流石はイレギュラー」
「この俺に気付いていたか…道理で敵意を見せても襲ってこないわけだ」
⑪俺が裏撫だ243
裏撫「そう、俺が裏撫だ」
「貴様らに終わりを告げる者」
琴音「変身…?」

⑫何あれ…243
ムーア「何あれ…」
「私もここのシステムは詳しいけど、あんなもの知らない…」
アルベルト「何ビビってやがる!」

⑬やる事は変わらねぇ!243
アルベルト「やる事は変わらねぇ!」
「とりあえず黙らせるぞ!いくぞヴィクトリア!」
「…おい、ヴィクトリア?」

⑭……243
ヴィクトリア「……」
アルベルト「お、おい!どうした!?」
⑮ハッ!243
ヴィクトリア「ハッ!」
「お、俺は今何を…」
アルベルト「何ボーっとしてんだこんな時に!」

⑯ほほう…243
裏撫「ほほぅ…」
「貴様…今抜けていたな?」
ヴィクトリア「だったら何だと言うんだ」

⑰何度飛んだ?243
裏撫「今まで何度飛んだ?」
ヴィクトリア「…?3度くらい…だが」
裏撫「ヒュッヒュ…そうか、なるほど…お前のその現象を理解した」

⑱離れすぎたのだ243
裏撫「貴様は離れすぎたのだ」
「元の世界から離れすぎて、今の身体に定着しきれていない」
「だからたまに抜けてしまう…結果だけを言えばそのうち消滅するだろうな」

⑲そん…な…243
ヴィクトリア「そん…な…」
「俺が消え…る?俺がしてきた結果がこれだと…」
アルベルト「おい!!」

⑳まずは目の前の奴からだ243
アルベルト「まずは目の前のこいつを倒してからだ!」
「お前の事は後で考えるぞ」
ヴィクトリア「し、師匠!」

(21)戦ってはダメだ!243
ヴィクトリア「戦ってはダメだ!」
「戦ってどうなるものじゃないんだソレは…!」
(22)ヒュヒュ…243
裏撫「ヒュヒュ…」
「その通りだ、万が一にも貴様らに勝ち目はない」
「さぁ、終わりを始めよ―」

(23)やれやれ243
アラン「やれやれ」
「黒魔術『孤独部屋』発動」
(24)?!243
裏撫「?!」
「なっ…消えた?!」
「アランめ…」

(25)何をした…243
裏撫「一体何をした…」

・・

(26)落ち着け243
アラン「落ち着け」
「とりあえず俺様の結界に隠れたが、そんなには持たない…が、その間に落ち着け」
アルベルト「そんな事より奴を!」

(27)よく考えろ243
アラン「よく考えろ」
「俺達の中で最も強いヴィクトリアが非戦を推奨したのだぞ?戦いの是非であるなら、その判断に委ねるにが一番だと何故分からん」
(28)くっ…243
アルベルト「くっ…」
「悪い…冷静じゃなかった」
アラン「ふむ、よろしい!…で、ヴィクトリアよ」

(29)アテはあるのか?243
アラン「この先のアテはあるか?」
「少しでも身を潜められて考える時間ができるような」
ヴィクトリア「あるにはある…が、まずは奴を撒かない事には…」

(30)よし分かった243
アラン「よし分かった」
「時間を稼ぐのは俺がやろう、貴様らはその隙にそのアテとやらに行くがいい」
ヴィクトリア「?!」

(31)待って…!243
琴音「待って…!」
「それはつまり…囮になるって事でしょ?それは…」
アラン「ここもそうもたないと言ったろう?それに俺が死ぬと決まったわけじゃない」

(32)褒める準備でもしておけ243
アラン「褒める準備でもしておけ」
「自分からヌード写真を撮らせて欲しくなるかもしれんぞ?」
琴音「するわけないでしょ!HENTAI!知らない!」

(33)さっきは…すまなかった243
ヴィクトリア「さっきは…その、すまなかった」
「こんな決断をできる奴だとは…」
アラン「後で写真撮らせろよ、約束だからな」
「では解くから走るがよい」


・・

(34)そこか!243
裏撫「そこか!」
「コソコソしていたようだが気配はあったからな、ヒュヒュ…では―?!」
(35)何…?243
裏撫「攻撃…か」
「まさか貴様が残るとは…そんな粋な男設定は無かったはずだが」
アラン「黒魔術発動」

(36)召喚243
アラン「デスナイト召喚」
裏撫「ほーぅ…」
アラン「俺をただの写真家だと思ったのが間違いだ」

(37)行かせんよ243
アラン「先へは行かせんよ」
「まぁ、たまには俺様も本気を出すのだよ」


スポンサーサイト

Comment

Name - MOAI MOAI  

Title - 

遂にアランの本気が・・・?
でもバナナ編のこと考えるとやっぱりかませにしかならないんだろうけど
それでもどう足掻くのか気になるw
しかしバナナまだ生きていたとは・・・w
2017.12.17 Sun 01:08
Edit | Reply |  

Name - 逆撫  

Title - 

モアイさん
アランは頑張る子!バナナ因子さんは紫音のお陰で生き延びました!でもこれからはシェルマスク因子さんですよー
2017.12.30 Sat 21:45
Edit | Reply |  

Add your comment