FC2ブログ

アランの本気 

あー、もう忙しい…まさか仕事とかを忙しいとかいう自分になるとは思っていなかったな…


①行け!デスナイト!244
アラン「行け!デスナイト!!」
「その陰険なデザイン野郎を殺せ!」
②グオォ…!244
デスナイト「グオォ…!」
「…オ?」
③何処を狙っている244
裏撫「何処を狙っている?」
「ヒュッヒュ…貴様らの攻撃は遅すぎる」
アラン「それはどうかな?次の攻撃はもう始まっている」

④ほぉ…244
デスナイト「グオォォォ…!!」
裏撫「ほぅ…」
アラン「個々が劣っているからと言って油断せん事だ」

⑤数で劣っている事を忘れるな244
アラン「数で劣っている事を忘れるなよ」
裏撫「ヒュッヒュ…だがまたこうして移動してしまえば…」
⑥…何?244
裏撫「…何?」
「どういう事だ、何故囲まれて…」
アラン「フン…これも俺の黒魔術が一つ」

⑦『ストーキングパウダー』244
アラン「『ストーキングパウダー』」
「この部屋にいる時点でもう俺の術中にハマっているのだよ…つまり」
⑧逃げ場などない244
アラン「逃げ場などない」
「ここで貴様は俺に倒されて、俺は琴音達に褒められるという寸法よ」
「フフフ…」

⑨やれ244
アラン「やれ!」
「俺の自尊心の為に働けデスナイト!」
裏撫「…だから、無意味なのだよ」

⑩ヒュアァ!244
裏撫「ヒュアァ!!」
アラン「!!デスナイト共がバラバラに吹き飛んだ?!」
裏撫「これで貴様も裸単騎…年貢の納め時―」

⑪その必要はない244
アラン「その必要はない」
「デスナイトの利点は既に死んでいる事だ」
「つまり召喚術さえ行えば」

⑫何度でもよみがえる244
アラン「何度でも蘇る」
「これで俺が残った理由が分かっただろう?長期戦に向いているのだよ」
裏撫「そうか…なら仕方ないな」

⑬ならば消すだけだ244
裏撫「ならば消すだけだ」
アラン「なっ?!デスナイト共が闇へと…魔力の繋がりがまるでなくなった…」
⑭…ここまでとはな244
アラン「…ここまでとはな」
裏撫「ヒュヒュ…そう悲観するものではない、お前はよくやったさ」
アラン「ここまで…」

⑮ここまで使う事になるとはな!244
アラン「使う事になるとはなぁ!」
「俺が無意味にデスナイトを散らしたと思うか?俺は雑魚を盾に魔力を溜めていたのだよ」
⑯キングデスナイト召喚!244
アラン「キングデスナイト召喚!!」
「フッ…こいつはカルロス本来の姿…まぁ、これ自体は偽物で劣化品もいいとこだが、先程のデスナイトとは比べ物にならん」
⑰一味違うぞ244
アラン「一味違うぞ」
「行け!その力を見せつけるが―」
⑱?!!244
キングデスナイト「グゥオアァァ…!!」
アラン「い…い?」
⑲バカな…244
アラン「バカな…」
「一瞬で吹き飛ばされて…」
⑳すまんな244
裏撫「すまんな」
「自信作だったようだが、見せる間も無かったな」
「まぁ他のデスナイトとは確かに違ったよ」

(21)少し、重かった244
裏撫「少し、重かった」
「ヒュ…ヒュヒュヒュヒュwww」
アラン「くっ…疑っていたわけじゃないが『戦うな』とはこういう事か…!」

(22)グオォォ…!244
キングデスナイト「グオォォォォー!!」
裏撫「…しかし、いつまでも相手してはいられないな」
(23)邪魔だ244
裏撫「邪魔だ」
アラン「キングデスナイトも闇へ…」
(24)くっ…244
アラン「くっ…」
「これ以上戦闘では何もでき…ない」
裏撫「ヒュッヒュ…」

(25)終わったかな?244
裏撫「終わったかな?」
「ではそろそろ―」
アラン「黒魔術発動!」

(26)『孤独部屋』244
アラン「『孤独部屋』」
「戦闘で勝てないのはよく分かった…分かったから」
(27)稼がせてもらうぞ244
アラン「時間を稼がしてもらうぞ」
「この結界は俺が消え去ろうとも残り続ける!クックック…残念だったなぁ」
(28)ヒュッヒュ…244
裏撫「ヒュッヒュ…」
「おめでたい奴め…」
アラン「何だ?強がりはよ―」

(29)?!244
裏撫「結界強制解除」
アラン「な…に?」
裏撫「ヒュッヒュ…この俺も甘く見られたものだ」

(30)そう何度も通じると思うなよ244
裏撫「そう何度も通じると思うなよ」
「まぁ、お前らの能力では俺には勝てないようになっている…悔しがることはない…ではそろそろ」
(31)くそ…!244
アラン「くそっ!」
「動けん…ぐおあああああ…!!」
(32)まずは一人目…244
裏撫「まずは一人目…」
「削除開始…」
アラン「くそっ…俺はまだ…まだ…」

(33)(まだ掃き残しがあったな・・)244
アラン(…まだ、あの部屋で掃き残した場所がいくつも…あったのになぁ…)
「…これも日頃の行い…かね」
ぐあああ…!アラン244
アラン「ぐああああ…!」
裏撫「そう苦しむな…またすぐ新しくなる…」
「…よし」

(34)…完了244
裏撫「完了」
「とは言え思った以上に時間がかかった」
「何故かあいつらの気配が辿れんし…」

(35)他へ行くか…244
裏撫「他へ行くか…」
「近いのは…紫乃かクレアか」
スポンサーサイト

Comment

Add your comment